旬を馳走する京の味処

竹の里、乙訓の地で
京の旬を味わい尽くす

季節のたより

2024.6.12

新メニュー 夏限定の清涼膳

鱧・鰻・鮎、夏が旬の魚づくしの御膳です
>詳しくはこちら

2024.6.5

うお寿の夏メニュー

鱧や鰻など、夏を彩る旬魚の数々に肉料理まで
>詳しくはこちら

2024.5.15

季節のお料理 「夏のおもてなし」

旬の食材・地元の素材をふんだんに生かしたお料理でおもてなし
>詳しくはこちら

2024.2.20

UOSU CAFE
はじめます

サンドウイッチやデザートメニューで午後のひとときを
>詳しくはこちら

京の四季を彩る旬魚菜と料理人の技が織り成す美味なる料理
ここでしか味わえない贅沢なひとときを是非

飛鳥・奈良時代の風雅を受け継ぎながら、独自の文化が栄えた町、長岡京。
長岡天満宮のツツジやカキツバタ、乙訓寺の牡丹、光明寺の紅葉、細川ガラシャゆかりの勝竜寺城公園…。
四季折々に表情を変える古都・長岡京の町を覆う竹林は特に美しく、平安時代の作品『竹取物語』のモデルになったとも言われています。
この地にのれんを揚げさせていただいて七十余年…。人々の暮らしに、食を通じて貢献してまいりました。
日本一と名高い「京筍」をはじめ、豊かな土壌で育まれる地元の食材や西山山系の湧水である長岡京の名水など気候・風土に恵まれた、
四季折々の素材を大切に、華やかにあでやかに、板前の技が冴える旬の味を存分にお楽しみください。